軽減税率対策補助金を有効活用しよう!

こんにちは、森田です。

平成31年の10月に消費税が8%から10%に引き上げられる予定なのはご存知かと思います。
この時、食料品など一部の商品の税率は、8%に据え置かれます。
これを軽減税率というのですが、これらを扱う、小売業・飲食業・サービス業の一部の事業者は、販売する商品によって、8%か10%かを切り分けて販売しなければなりません。
これを、手作業でやるのは大変です。
そこで、軽減税率に対応したPOSレジなどを導入する際に、国が補助しましょうという制度があります。

軽減税率対策補助金といます。
これをうまく活用して、店舗運営を効率化し、利益を増やすことが可能なんです。

用意するものは、タブレット(iPad)と、レシートプリンターだけ。
追加で、ドロア(レジでお金を入れる引き出し)や、カードリーダーなども導入できます。

無料でPOSレジシステム導入毎月の費用が無料のPOSレジアプリをタブレットにインストールして、簡単に使えます。
しかも、無料なのに機能がとても充実しています。

例えば、以下のようなことが簡単に実現可能です。
売上分析・・・iPad上でいつ、何が、どれだけ売れたのかリアルタイムで売上分析が可能です
顧客管理・・・お得意様情報や購入履歴を管理して、リピート客を増やすことができます
在庫管理 ~iPad上でいつでも簡単に在庫情報を確認!売り損じを防ぎましょう~
レジ締め業務の効率化・・・面倒なレジ締め業務を効率化して、本来業務に注力できます
これらの機能が無料で使えます。

さらに、クレジット決済や電子マネー決済の導入も実質無料で実現可能。
さらにさらに、中国人観光客をメインターゲットとしたスマホ決済機能まで無料で導入できます。

軽減税率対策補助金の対象事業者なら・・・
iPadの導入費用が半額に!
レジプリンタやドロアなど周辺装置の導入費用が、1/3になります!

私も、小売業を営んでいるので、この補助金を利用して、POSレジを導入しました。
かかったお金は、5万円以下。
補助金の申請手続きも、結構カンタンでしたよ!

 

コメントを残す





このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください